BEBE
BEBE
どうも、BeBeです。

 

 

ブロガーである以上アクセス数を気にするのは当然といえば当然なのですが、

 

 

どうにもPV(ページビュー)数が伸びない……これは一体どうしたものかとGoogle先生に聞いてみると

 

 

やれブログを毎日更新しろ!だの質の高い記事を書け!だの独自性をつけろ!だの

 

 

ふわふわした意見しか書かれてなくて結局具体的な答えはなんやねん!って感じなのですが、

 

 

ふと気づいた事があったので共有したいと思います。

 

 

 

毎日更新を盲信してはいけない

 

 

ブログの毎日更新って本当によく見かける文言なのですが、

これだけ鵜呑みにして馬鹿の一つ覚えの如く行動すると痛い目に合います。

 

 

そもそもブログを書くという事は、ある程度自分の中で面白い話もしくは人の役に立つ情報を発信出来る、

又はただ単にプライベートの情報を書く人と様々いると思うのですが、

毎日更新と掲げる割にそこいらのブロガー達って大した内容書いてないなと思うんですよ。

 

 

BEBE
BEBE
例えばそこらへん検索すれば出てくる情報をただ寄せ集めたショボいブログとか笑

 

 

毎日更新はあくまで自分がまだ書き手として上手ではないから、

その為の修行と捉えた方が気持ちがずっと楽ですよ。

 

 

BEBE
BEBE
「俺のブログで世界変えたるんじゃ! だから俺のブログ毎日見ろ!」はあまりにも厚かましすぎます。

 

 

毎日ブログ見る人は書き手のファンかアンチかもしくはよっぽどの暇人かどれかに当てはまると思うのですが、

PV数を見て「お、毎日誰かしら見てる!毎日更新しなきゃ!」とならない方が今後の成長の為に良いかと。

 

 

ブログを舐めてはいけない

 

 

もっと踏み込んでいうとそもそもブログってネット黎明期から存在しているものなのですが、

ブログを読む人って比較的文章を読むことに対して前のめりな人が多い為その後書き手に回るケースが、

ここ最近凄く増えてきました。

 

 

それによってライバルが増えて情報の質を上げて…っていう

黄金期の少年ジャンプにありがちな強敵現れてまた強敵現れて…の繰り返しになってるんですよ。

 

 

BEBE
BEBE
情報の質を上げて……っていやいや俺ら別にジャーナリストでもなんでもないし…… 笑

 

 

かの有名な炎上系YouTuberのシバターさんが言っていましたがYouTuberは全員素人だと。

 

 

というのも再生数が伸びてチャンネル登録者数が多くなったからといって所詮素人なんだから調子に乗るなよ、と言っているのです。

 

 

ブロガーの世間認知度はYouTuberより低い傾向にあると個人的に思うので、僕らが有名人に太刀打ち出来る事ってただの情報なんかじゃないんですよ。

 

 

BEBE
BEBE
頭の良い人たちはGoogle先生に的確に指示を仰いで情報を得ているわけで、今後ますます「ブログとは?」「誰得なの?」という風になるのです。

 

 

そこでこれから大事になってくるのが、誰が?誰に?何を?どのように伝えるのか?という具体的なビジョンになってきます。

 

 

僕の場合このブログは自分の人生をかけて経験談含めた内容を発信していくと決めているので、情報まとめサイトに成り下がりたくないのです。

 

 

BEBE
BEBE

だってライバル多いじゃん笑

 

 

例え質の高い情報を書けたとしてもそれ貴方じゃなくても良くない?ってなるんですよ。

 

 

そこらへんのライターにパクられて終わりなので、大事な事は他にあるのです。

 

 

大した戦略も持たずにブログの世界に飛び込むのは甘すぎます。

 

 

……と、ここまで僕は偉そうにこうべを垂れていましたが、そういうお前はどうなんだ?ちゃんとやれてるのか?

 

と言われたらちょっと怪しいのですが、最初のシバターさんの言葉を思い出してください。

 

 

BEBE
BEBE
僕ら全員素人なんですよ。ん…?段々言い訳がましくなってきたぞ笑

 

 

良くも悪くも著者に委ねられる

 

 

さて、ここでやっと本題に入るのですが、面白いブログとは何か?読まれるブログとは何か?

という事になるのですが、ズバリ結論言うと書き手がそこに存在しているかどうか、になります。

 

 

BEBE
BEBE
ここへ来て精神論か?と言われるのも重々承知ですが、考えた結果これしかないと思ってます。

 

 

僕も様々なブログを読んで分析し、面白いとはなんぞや?人気が出るとはなんぞや?と考え続けたのですが、

どうやらそのようなブログ達は著者の個性が爆発しているように見えてならないのですよ。

 

 

正確に言うなら「しっかり自分の意見を持っている」

そしてそれを「しっかり言語化して共感を得ている」この事に気づきました。

 

 

最初の方でまとめサイトに価値は無い、ジャーナリストじゃあるまいしそういうのは専門家に任せておけ!

と言いましたがそれに近いです。

 

 

BEBE
BEBE
私たちは世界中に転がっているアイデアの元を拾ってそれを磨いて展示して意見を添えるだけでいいんですよ。

 

 

それをした上で毎日更新が活きてくるのです。

 

 

ただ思考停止してダラダラ書くのはやめろと言いたいのです。

 

 

自分はどんなアイデアを持っているのか?そのアイデアに価値はあるのか?それを読者は知りたがっているのです。

 

 

BEBE
BEBE
ブログとはその為にあるのです。

 

 

 

ブログは個性を爆発させる事に長けている

 

 

これから世の中の通信が5Gになり、動画の需要が高くなってきますが、

ブログはこれからも存在し続けるだろうと思っております。

 

 

というかこれから伸びる余地はあるだろうとも思っております。

 

 

BEBE
BEBE
だって文章ってずーっと昔から存在してるんだぜ?動画はたかだか100年ちょいの歴史しかないんだぜ?と単純に考えてます笑

 

 

むしろブログはその佇まいから自分のブランド価値を高める為に役立ちます。

 

 

だって小説ってなんかオシャレでしょ? 本読んでる自分ってなんかカッコいいでしょ?知的でしょ?

ブログもそこの領域に達しようとしているのですよ。

 

 

BEBE
BEBE
ちなみに僕は本を好きで読んでいるだけなので勘違いしないように。

 

 

すなわちブログは芸術の領域に到達出来るのです。

 

 

僕は芸術家でもあるのですが、ブログには未来の可能性が溢れていると、そう思うのです。

 

 

そして個性を爆発させて熱狂的なファンが生まれてそこにビジネスが生まれる事も全然ありえる世界です。

 

 

むしろもう存在しているので、みんなの真似をするのではなく我が道を行け!

 

 

BEBE
BEBE
それしか生きる道は無いとも言い切れます。

 

 

 

他人の真似は地獄への扉

 

 

耳にタコが出来るほど聞いたワードだとは思いますが「他人の真似をしろ!」って無責任だとは思いませんか?

 

 

BEBE
BEBE
そんな事言われてもなぁ……僕だったら絶対真似しません笑

 

 

だって真似をしたところで結局真似された人のようになるだけだし。

 

 

まぁ真似した上でそこでオリジナルを出すのは良いと思うのですが、

真似をしろ!と言われてじゃあ真似をします!というのはあまりにも思考停止だなあと。

 

 

BEBE
BEBE
そんな事言われて嫌じゃないのかな?僕がプライド高いだけなのかもしれません笑

 

 

真似するって自分を卑下するのと同じじゃないですか。

 

 

自分の可能性を潰しているのと一緒ですよ。

 

 

BEBE
BEBE
本当は真似される人より自分の方が優れているのかもしれないのにそれを自ら落とそうとしている訳ですからね。

 

 

そんな事している暇があったら、自分の時間をしっかり持って、本読んで、思考して、

自分自身の考えを洗練させて、発信した方が、よっぽど、有意義、です。

 

 

世の中を変える人っていうのは他人とは真反対の考えを持っている人なのですよ。

 

 

だから最初はそういう人達に反発されます、何故なら人間は新しい事に対して臆病だから。

 

 

BEBE
BEBE
けれども結局はそういう人の考えを認めざるを得ないんですよ、時代がその人を認める様になるって事ですね。

 

 

ここまで散々逆張りしろ!というような事を言ってきましたが、

ただ欠点を言うなら誰にしも出来る事ではないという事かな。

 

 

ここまで言っておいてそれかよ!って意見に異論はないです。

 

 

BEBE
BEBE
自分でサイト作って時間割いて書いてるんだから自分の意見をしっかり発信しなきゃ損です。

 

ただし自己満のブログは読まれないのであくまで読者に寄り添う事を忘れずに。

読者の悩みを解決して、それについて自分の意見を添えて、背中を押してあげる。

 

 

それで十分なのです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ここまでまとめると

 

・ブログの数はあまりにも多いから逆張りしてでも個性を出すべし!
・毎日更新はダラダラするな!戦略を持て!

 

この二つでした!

 

 

BEBE
BEBE
これからは個の時代になっていくので、自分の意見を言う事が如何に大切な事か身にしみて分かる世の中になると思っております。