BeBe LIFE

人生は『言葉』で形作られる。

一つの事を愚直に続けて、価値を高めよ。

『二兎を追う者は一兎をも得ず』ーーーー孟子

今まで様々な事に挑戦してきましたが、最近、一つの事に絞る覚悟を決めたBeBeです。

僕には守るべき家族があり、人生で達成しなくてはいけないタスクがあります。
さて、皆さんは何か一つに全力を注いでいますか?

何者にも成れない人達

 

砂時計, はかなさ, ミドルクラス, 底辺層, 社会衰退, 時間, クロック, アーム, 帝国, 分, 2番目
中途半端な人間は淘汰されていく
自分の可能性を信じて、色々な事に手を出すのは素晴らしい事です。
視野も広がりますし、思ってもみなかった道が切り拓く事もあります。

しかし、人はいつか死にます。

 
 
 
そして残酷な事に、時間は有限なのです。
これはあまりにもシンプルが故に、忘れている事ではないでしょうか?
 
 
 
 
『まだ本気を出してないだけ』
『チャンスが来たら、行動する。「果報は寝て待て」と言うじゃないか』
いつまで言い訳をするつもりなんですか?
そうやって言い訳ばっかしていると、気づいた時にはもう手遅れですよ。
諦めたらそこで終わり
絶望, 単独, 一人でいます, 原型, アーキタイプ, 式の, バーンアウト, 疲れ果てた, うつ病

挑戦するのは良いとして、じゃあ一体何に手を出せばいいのか分からない方へ。

貴方が今まで生きてきて一番楽しかった事はありますか?
ワクワクするような事に巡り会えているのなら、そこに貴方の可能性があります。
あまりにも有名なスティーブ・ジョブズのスピーチで彼は次のような事を言っています。

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいことだろうか?」

……これにYESと答えられる人は一体何人いるのでしょうか。
続けて彼はこの様に言っています。

あなたたちの持つ時間は限られています。自分以外の誰かの人生に自分の時間を費やす時間などありません。
他人の考え方が生んだドグマ(常識や固定概念)という罠に掛かってはいけません。
他人の雑音に自分の内なる声や心、直感を打ち消されないことです。
自分の内なる声、心、直感というのは、あなたたちが本当に望んでいる姿は何か、既に知っているのです。
だからそれ以外のことは全て、二の次で構わないのです。

ちなみに彼のスピーチはhttps://youtu.be/RWsFs6yTiGQから聴けます。オススメですよ。
脳みそから血が出るほどのめり込め!
運動選手, スポーツ, 体, 適合, フィットネス, フル, 長さ, 男性, 男, マラソン, モデル, 自然
好きな事も分かったし、これから挑戦しようと思っている貴方へ。
その道のエキスパートになるぐらいのめり込んでみてください。
挑戦しなきゃ分からない事も分からないですし、何より一つの事にのめり込む人は中々多くありません。
この世の中は他に魅力的なモノがいっぱいあり過ぎて、一つの事にのめり込むという事をしなくても楽しめるからです。
ですが、楽しい・楽しくないという価値基準で物事を判断してはいけないと思います。
勿論大切ではありますが、コインに裏表がある様に、物事には絶対楽しい面と楽しくない面の両方があるからです。
これは絶対と言い切れるほど間違いのないものです。
なので、価値基準を変えて『自分が人生で達成したい事はなんだろう?』と考える事です。
そして、短期的な目線ではなく、長期的な目線で一つの事に取り組んでください。
その中で気を失う様な激しいショックに立ち会いますし、もう諦める事も考えてしまいますが
どうか、諦めないでください。
人生はとても長いようで、とても短いです。
その人生をどうか棒に振らずに、自分を信じてください。
まとめ
 
いかがでしたでしょうか。
貴方が人生で達成したい事については、少しずつ見つけてみてください。諦めずに。
死にゆく時『何も達成出来なかった』と嘆くより、一つの事に特化して後悔の無い人生を歩みたいものです。

BeBe

1 Comment

  1. 行動ふるって勇気がいります。私は、どんなに辛くても 悲しくでも大切にしてきた事がありまして。本当にしんどくなった時、その大切な事を「私には楽しむ資格なんて無い」と 決めつけ 諦めようとしました。が、やはり諦めきれず、本心から大好きな事だったので、この先後悔するなら、迷わずとことんやってみよう‼️と思い、行動してます。次の目標に使って 今 出来る事をトライ&エラーでやっています。自分に正直でいる事って大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2019 BeBe LIFE

Theme by Anders NorenUp ↑