どうも、 BEBEです!

 

新しいカテゴリーでの初記事になるのでドキドキしていますが、″人間心理″はこの人間社会を生きていく上で避けては通れない事なので需要は絶対にあると信じての投稿になります笑

 

感情の中でも厄介な″怒り″についてBEBEの過去の事例を元に僕なりの対処法を3つ考えてみたので共有させて頂きます。

 

それでは、順番に解説していきます。

 

嬉しかった思い出を想像

怒りの感情は恐ろしいです。

 

BEBEは一般人よりも怒りっぽい性格で、他の人にとって些細な事でも自分が気に障れば、ムカッときて口論する事がしょっちゅうあります。

 

後で振り返ってみて「なんて酷い事を言ってしまったのか」と後悔するのですがその後悔も束の間、忘れた内に怒りの感情はまた現れます。

 

一度、怒りについて自分なりに調べたのですが、根本の問題にまで差し迫った情報は見つかりませんでした。

 

怒りのタイミングは人それぞれですし一概に○○があるから→怒りという訳にはならないので、その対処法も様々です。

 

それらを踏まえた上でBEBEが考えた怒りの感情をコントロールする1つ目の方法をお伝えすると…。

 

嬉しかった思い出を振り返る

 

 

喧嘩をする人と共有した嬉しかった思い出がある方は、まずその方と喧嘩してない和やかで落ち着いたシーンをイメージしてみてください。

 

あなただって怒りたくて怒っている訳ではないですよね?その溢れる爆発した怒りの感情を上手くコントロールしたいと思っているはずです。

 

怒りではなく嬉しくて楽しい気持ちを想像して頂ければ、段々と怒っている自分が馬鹿馬鹿しくなり、やがて落ち着くようになります。

 

何か気に食わない事があった際に怒りを露わにする気持ちはとてもよく分かります。

 

そういう時の自分は悲しいという気持ちよりも怒りの気持ちが強いので、そこから立ち直る術を見落としがちです。

 

そうではなく怒りとは一時的な感情でコントロールするもしないも自分次第、という事を踏まえて1つめの方法を実践して頂けると以前よりかは幾分かマシになると思います。

 

失いたくないものを想像する

2つめの方法は自分が最も失いたくないものを想像する事です。

 

例えば怒るたびに他者からの信頼をどんどん失い、そうする事で人間関係が崩壊し機会損失に繋がるので、危機感に陥るんじゃないかなと。

 

後は怒るたびにお金を失っていると思うのも良いかもしれません。

 

今現在持っている物理的なお金を失うという意味ではなく、今後人間関係を大切にした事によって得られたであろう様々な恩恵をドブに捨ててると思って頂ければイメージしやすいんじゃないかと思います。

 

結局のところ怒り狂う事によって傷つくのは他者であり自分です。

 

その場で怒る事にメリットは一つもありません。強いて言うなら自分の尊厳を守り通せた、と思い込めるところでしょうか(怒る事でしか守れない尊厳は脆く崩れ去りますが)

 

怒る事によって得られるメリットは皆無なので、デメリットを想像してそれでも怒り狂いたいなら怒り狂っても良いと思います。

 

一番気をつけて欲しい事は、怒る行為によって相手を傷つけてしまうのであれば一度自分の言動や行動を見直した方が良い、という事です。

 

怒り狂う事によって失うものがあまりにもデカいのであれば怒る必要なんて1ミリも無いので、冷静に達観する姿勢が大切ではないでしょうか。

 

深呼吸してその場から去る

怒っている時の自分というのは呼吸が浅くなり、心臓の鼓動もバクバクと速くなっています。

 

そういう時の自分というのは、闘争心を剥き出しの野獣そのものです。

 

野獣と人間、両者の決定的な違いは理性的であるかどうかです。

 

特に人間というのは動物的本能と理性的本能の二つを兼ね備えた極めて珍しい生き物です。

 

なので人間だって野獣のように怒り狂い、怒りの対象に猪突猛進で向かう事はただあります。

 

しかし、何故人間がここまで文明を発展させ、高度な社会を作り出す事が出来たのか。

 

それは先ほど話した″理性的本能″のおかげだと思います。

 

BEBEは人間学の専門家ではないのでその手の話は出来ませんが、人間には″理性″が備わっているおかげで他者と円滑にコミュニケーションする事が可能となっております。

 

BEBEが推奨する爆発した怒りの感情をコントロールする3つ目の方法は、深呼吸してその場から去る、という事です。

 

言うまでもありませんが、深呼吸とは鼻から空気を吸って口から吐く行為の事を指します。

 

そして重要な点は、深呼吸した後″その場から去る″というところです。

 

どんなに自分が理性的な人間と思い込んでいても、やはり人間は動物性も兼ね備えているものなので、怒りの感情を爆発した際に理性的になるのは難しいです。

 

しかし呼吸というのは無意識にやっている行為なので、そこに意識的に深呼吸を加える事で脳に酸素を送り、″落ち着きなさい″という指令を出します。

 

そうする事によって、怒りの感情をコントロールする事が可能になります。

 

まとめ

ここまでをまとめると…。

・嬉しかった出来事を想像する

・失いたくないものを想像する

・深呼吸してその場から去る

以上、3つでした!

 

今日もお読み頂きありがとうございます!

 

Twitter・Instagram・Facebookのフォロー、是非ともお願い致します!