どうも、BEBEです!

 

ブログの記事を書く際に何を書けば良いか分からなくてパソコンの前でずっと悩んでるそこのあなた。ハッキリ言ってその時間無駄です。

 

この記事ではブログ運営する上での記事作成スピードを如何に縮める事が出来るのか、BEBEが実践している方法論を共有させて頂きます。

 

それでは、順番に解説させて頂きます!

事前にネタをストックしておく

めちゃくちゃ当たり前過ぎて今更言う事でもないのですが、そもそも記事を書こうにもネタが無きゃ書きようがないですよね。

 

書いている最中にネタ探しをしている方に言っておきたいのですが、それは事前に済ませた方がいいです。

 

僕だったら夜寝る前には明日のネタを用意しておき、翌日書く際に文章に一本筋が通るようにしています。

 

これはかなり効果がありまして、ネタを用意して一晩経つ事で自分の頭の中では記事の構成が出来上がっているんですよね。

 

だから僕は1記事2500字程度を50分程で書く事が出来るのですが、これが何もネタを用意してなければそりゃ迷って当然ですよね。

 

ブログ初心者は特に最初の内は毎日更新をしなくてはPV数を稼げないので、如何に無理なく継続出来るかが要になってきます。

 

それと出来る事ならブログ記事作成に充てる時間は極力短くしてください。

 

逆に時間をかけていいのはネタ探しと広報活動。広報活動はSNSで頑張る感じになります。

 

BEBEも現在はTwitterとInstagramを行っていますが、それぞれのプラットフォーム向けに内容を若干変えて投稿しているので、その微調整をするにはブログ作成の時間を極力短くしなくては時間がいくらあっても足りません。

 

それにサイトの方向性やマネタイズを仕掛けるにも手間と時間が必要なので、益々時間が足りなくなります。

 

そうならない為に少しでも時間削減の為、ブログネタはあらかじめストックしておき記事構成を決める事。

 

記事構成については次の章でお話しします!

記事の型を決めておく

これもめちゃくちゃ重要なのでお伝えすると、型さえ決まっていれば7割完成したようなものです。

 

結局好き放題に記事を書いたとしても、とっ散らかってる上に読みにくくタメにもならない記事が出来上がるだけなので、そうならない為には記事の型をあらかじめ決めておく事が推奨されます。

 

ちなみにBEBEは、はてなブログで過去にブログ運営をしていた頃に型も何も知らなかったので自分の思いつくまま記事を書いていました。

 

その結果最低過ぎるPV数を叩き出してしまったので、あぁ何事も筋道と手順が決められてるんだなと痛感させられました。

 

何でもそうですが、決まった型通りに物事を進めないとえらい遠回りを喰らわせられる事になります。

 

まぁその遠回りをする事によって気付ける点がいくつもあるので、あながち無駄にはなりませんが、早く書けるんならそれに越した事はないですよね。

 

最初から我流で行かない方がいいです、まずは徹底して先人の真似事をするところから始めましょう。

 

ブログはネット黎明期から登場しましたが、文章を書くというのはその遥か昔から存在していた事なので、既に型は存在しているのです。

 

文章は奥深いですし、それでいて凝ろうと思えばいくらでも時間をかけられてしまいます。

 

しかしこの世の中、時間が足りないし、他にも大切な事が沢山あります。

 

そこでブログ記事を書く上での型を身に付ければ大幅な時間短縮を図れます。

 

ちなみに記事の型は結論→理由を3つ挙げる→結論で終わりです。

 

それについて書いた記事があるので、詳しい内容を知りたい方は参考にしてみてください。

【初心者向け】ブログを書く上での型を徹底解説します【必見】

添削しない

ここに関しては結構驚かれる方が多いと思うのですが、BEBE LIFEのブログ記事はほぼ全て流れで書いた文章で仕上がっているので、その後手間をかけて添削をした事はありません。

 

理由としては添削してもあまり意味が無いからです。

 

今自分が流れるように出る文章こそが自分の伝えたい文章なので、そこで添削という要らん事をしてしまうと、結局自分で何が言いたかったのか分からなくなりますし、難しい言葉を並べられてもユーザーからしたら読みにくいったらありゃしないです。

 

後は、添削ってめちゃくちゃ時間かかりますよね。

 

BEBEは添削すると何時間も時間をかけてしまうので、それを毎日更新となると、とてもじゃありませんが時間がいくつあっても足りません。即ダウンです。

 

ブログ記事で添削したところでさして改善されないので、見直す程度で良いと思いますよ。

 

見直すって言っても一から十まで読んで流れがキチンと出来ているかだけで良いです。

 

添削に時間かけても元の文章が訳分からなければ結局書き直しになってしまうので、そこに時間をかけるぐらいだったら新しいブログ記事を書いた方がよっぽど効率的です。

 

結局ブログ記事を上手く書くには量をこなしてナンボなんで、いくら元記事を訂正しまくってもその当時の力量なんかたかが知れてるんですよね。

 

それで実質新しい記事になってしまったらあの時書いた文章の意図は何処に行ってしまったのか分からなくなりますから、そうなるぐらいだったら元記事はほぼいじらず、見やすいように余白を空けるとかそういう手直し程度で良いと思います。

 

何度も言いますがブログ記事は情報の塊なので、情報を如何に的確に伝えられるかが要なのです。

 

その為、極論は記事タイトルと見出しで結論が出ていればユーザーからすれば情報としての価値はあるんじゃないかと思うのです。

 

そこに行くまでが大変なので愚直にしっかりと書く必要がありますが、ユーザー自身が見出しから内容を推測して自己完結するのが一番理想ですよね。

 

まぁそうなると何のためにブログを書いてるのか分からなくなる方も多いでしょうが、そこまで気負わず、来るもの拒まず去るもの追わず精神で気楽にブログ運営しましょう。

まとめ

ここまでをまとめると…。

 

・記事ネタをストックしておけば迷わない

・文章の型は時間短縮になるので身に付けよ

・上記を踏まえた上での文章は添削しない

 

以上、3つでした!

 

今日もお読み頂きありがとうございます!

 

Twitter・Instagram・Facebookのフォロー、是非ともお願い致します!