どうも、BEBEです!

 

成功者になりたくて日夜試行錯誤している身ですが、そういえば成功者には共通している部分がいくつかあるなと思いました。

 

そこで、BEBEなりに現在成功している周りの方々を観察したり読書で養った知識を元に成功者に共通している3つの考え方を共有したいと思います。

 

それでは、順番に解説していきます!

奉仕精神に溢れている

成功者の定義付けをするなら社会的地位を得てやり甲斐のある仕事をしているとしましょう。

 

成功者である彼らは基本的に他者に対して何かを与える事を常に考えているように思えます。

 

それは直接的なものでなくても感謝の気持ちだったり礼儀だったり一つ一つの言動や行動に溢れ出ています。

 

私たちのようにまだ何者にもなれていない者からしたら成功者を羨み時には嫉妬してしまうのですが、彼らは彼らなりにとてつもない努力をして今の地位まで上り詰めたのです。

 

芸能人のGACKTだって常に努力をし続けたからこそ今でも皆から親しまれる存在へとなれたのです。

 

彼らから学ぶべきものはあるのか?それはGIVE&GIVEの精神を持つ事です。

 

ギブ&テイクという言葉がありますよね。この言葉は一見ギブ(与えたら)したらテイク(貰える)されると思いますが、そうではなく実際はギブしてギブしてギブしてギブして…ようやくそこでテイクが来るのです。

 

最後に与えられるからじゃあそこまでギブしてみよう!と思い立ち行動するのはいいですが、絶対にテイクが来る保証はないですし、貰える前提で動くのは先の見えないマラソンをしているのと同じなので消耗するだけです。

 

ではどうするべきか、先ほどBEBEが言った通りGIVE&GIVEの精神で行こうという事です。

 

損得は勿論大切ですが物事をそこまでシンプルに割り切っていては疲れるだけなので、好きだからこそやれる一銭も貰えなくても構わないという心構えが大切になってきます。

 

この世の中は奪うか奪われるかと味方は自分しかいないギスギスした空気感が漂っていますが、こういう時代だからこそ自分の好きな事をするべきなのです。

 

好きな事について今回は議論する場ではないのでそれはまた別記事で書くのですが、結論言うと奉仕精神に溢れている人は今取り組んでいるものに対して損得感情を抜きにして全力で楽しんでいます。

 

結果的にGIVE&GIVEの精神で物事に取り組み、それが功を成す事で沢山の方からお礼として金銭や地位を受け取れるようになるのです。

長期的視点を持っている

成功者になりたいと焦る気持ちは分かりますが、すぐになれるものではありません。

 

数々の成功者の言葉を本で目にしたり成功者をサポートした方々の話を聞くと、じっくりコツコツと物事に取り組んでいたのが殆どだったのです。

 

殆どの一般人は時間給で動いているのでお金が発生しない時間に耐えられないのですが、成功者は報酬を後でたっぷりと受けられる事を経験やセンスで分かっているので無報酬期間にも耐えられるのです。

 

だから一般人も無報酬期間に耐えましょうという話ではないのですが、成功者に共通している2つ目の考え方は長期的視点を持っているという事です。

 

例えば現在活躍しているプロのピアニストだってそこに辿り着くまでに膨大な練習時間をを幼少期から積み上げてる訳です。

 

音大も学費が高いのでピアニストの親は大体高給取りの仕事に就いている場合が多いようです。

 

例えばどんなにピアニストになりたいと意気込んでもレッスンに通えないほど貧乏だったら夢を実現する難易度は上がりますよね。

 

将来ピアニストになると決めた子どもに長期的視点があるかどうか分かりませんが、理想の自分になる為には努力は勿論、運も必要になってきます。

 

サポートしてくれる環境があったからこそ努力を継続出来た訳で、自分一人だけの成果ではないのです。

 

成功者はその事を理解している為、例え現在成果が出ていなくても適切な行動をしていけば成果が出るだろうと踏んで努力を続けられる訳です。

物事をポジティブに捉えている

成功者はどんな事にもポジティブで前向きです。

 

一見ピンチかと思える出来事にもすぐに機転を聞かしてチャンスにしてしまう底力を持ち合わせています。

 

それが出来るのも物事をポジティブに捉えるおかげなので、難しい事も彼らにとっては乗り越えるべき壁そのものなのです。

 

BEBEもわりかしポジティブな方なのですが、物事全てにおいてポジティブに捉えられるかといったらちょっと自信ありません。

 

成功者は物事をネガティヴに捉えても事態は好転しない事を理解しているので、あらゆる側面からポジティブな面を見つけようとします。

 

更に彼らに共通して言える事は、運が良いというところです。

 

運が良い悪いというのは結局自分が決める事なので、彼らに運が悪いという選択肢はありません。あるのは運が良いルート、それだけです。

 

運が悪いと嘆いて行動しないのはあまりにも無駄なので、彼らは行動した方が運気が上がる事を原則的に理解しているのです。

 

分かってる方も多いと思いますが、人生ポジティブに捉えた方が色々と上手く行くんですよね。

 

ただ、私たちには感情があるので、悪い気持ちに引っ張られる事もあります。

 

怒りの感情に引っ張られた日には気分はどんよりし、運気も逃げます。

 

怒りの感情をコントロールする方法をまとめた記事があるのでそちらを参照してみてください。

【心理】爆発した怒りの感情をコントロールする3つの方法を徹底解説

まとめ

ここまでをまとめると…。

・奉仕精神を身に付けよ

・長期的視点を身に付けよ

・ポジティブ精神を身に付けよ

 

以上、3つでした!

 

今日もお読み頂きありがとうございます!

 

Twitter・Instagram・Facebookのフォロー、是非ともお願い致します!