どうも、BEBEです!

 

ついに…!Air Pods Pro(以下、エアプ)が手元に届きましたー!!!

 

いやぁ、長かった。ほんと長かった。

 

いや、いうて1ヶ月ぐらいだったけど、今か今かと待ち受けていた側からすればこの1ヶ月間は体感10年分はあった。それは盛り過ぎか。

 

という事で今回はBEBE LIFEで初となる商品レビュー記事を書いてみました。

 

商品レビューの一発目が信者がとても多いApple製品ですが、まぁ肩の力抜いて読んでってくれれば嬉しいです。

 

あ、ちなみに前置きしますけど、ここではエアプの詳しい性能とかは述べません。誰もそんなの興味無いだろうしそういうのは作った張本人であるAppleのサイトを覗けば済む話なんで、ここではBEBE本人が使った正直な感想しか述べません。ご了承ください。

 

ぶっちゃけ音質はAir Pods(第一世代)と変わらない

実はエアプの前にBOOKOFFで買ったAir Pods第一世代(以下、エアポ)を使っていたのですが、それと比べるとさほど音質は変わりません。

 

いや、マジで、ホント変わらないです。

 

BEBEも最初は皆と同じように「エアポはどれほどの音質なのか…とくと味わってやろうじゃないの!」と興奮していたのですが、蓋を開けてみたら「ん?別に音の聴こえ方はそんな変わらないな」と感じました。

 

まぁ勿論色々進化してるんでしょうけど、BEBEの耳が馬鹿耳だからか分かりませんが、体感そこまでの音質の良さは感じませんでした。

 

まぁそもそもエアプにそこまで求めるのが間違いなんでしょうね。

 

音質良いのが欲しければSONYの買えば良いし。

 

けど、何故BEBEがわざわざ高いお金を払ってエアプを買ったのか?

 

理由は単純にエアポを使っていたからです。

 

後は元々Appleという会社自体が好きだし、スティーブ・ジョブズLOVEだし、Apple製品使ってるしという理由だけです。

 

まぁエアプを買う人の殆どはそんな感じの人なんだろうな。

 

ちなみにBEBEは第二世代のエアポが出る前に第一世代の方を買っているので右耳の充電がすぐ切れるというところまで使い倒しました。

 

こりゃ買い替えなきゃいかんな、というタイミングでエアプに白羽の矢が立ったので、別にエアポが使えていればめっちゃ欲しい!とまでは行かなかったですね。へぇ、ノイズキャンセリングってどんなもんなのかな?程度です。

ノイズキャンセリングが凄いだけ

念の為、言っておくと、上の手は、嫁です。

 

さて、気付いた方もいると思いますが、Appleは別に音質で勝負しようとは思ってないんですよ。

 

いつものようにApple製品との互換性は素晴らしいですよ、スムーズな連携で上質な音楽体験(Apple Musicの課金よろしくね)が出来ますよ、と言葉巧みに売り込んでいるだけなんです。

 

マーケティングとブランディングがめちゃくちゃ上手いんですよね、Appleって。

 

Appleの創業当初、二人のスティーブ(ウォズニアックとジョブズ)の役目は技術と売り込みに分かれましたが、やがて技術の方は忘れ去られどう上手く魅せるかを重点に置かれたApple。

 

ただ、ノイズキャンセリングは本当に凄いと思いました。この技術は確かに凄い。

 

耳に付けた瞬間ほぼ全てのノイズが消え去ったのは衝撃でした。

 

これのおかげでさほど大きくない音で音楽を楽しめるので鼓膜にも優しいし、何より外部の音を聴きたくない時に耳栓としても使えるのは優秀だなと思いました。ここは本当に感動した。

 

けどね、ノイズキャンセリングだけなんですよ、正直。

 

エアポからエアプに進化するにあたってインナーイヤー型からカナル型になったのはやっとかよ!って感じでしたし、形状が小さくなって、うどんじゃ無くなったのもやっとかよ!って感じでした。

 

BEBEは元々カナル型のイヤホンを愛用していたのですが、経験上イヤホンが長持ちする事は殆ど無く、辿り着いたのがワイヤレスイヤホンでありインナーイヤー型のエアポでした。

 

エアポの感動はなんといってもコードから解放された!っていうとこですよね、正直それ以外は二の次三の次というか、手軽で気楽なのが売りだったんだなと思いました。

 

なんだろう、Appleってほんと民衆を誘って気持ち良くさせるのが上手いよな。冷静になって考えるとAppleに騙されてるかもしれないと思うんだけど、いやAppleにだったら騙されてもいいかなとも思えてしまうのは流石というべきかなんというべきか。

Appleは演出は上手いけど技術はそこまでない

なんとも反感を買いそうな見出しですが、正直Appleは演出力はピカイチだなと感じると同時に技術はそれほどでもないのかな?とも感じます。

 

いや、確かに技術が凄いからMacintoshから始まりiMacやiPodやiPhoneやiPadが生まれてApple Watchやエアポがあるんでしょうけど、Appleは戦うフィールドをよく見てそこの業界の常識を変えるのが上手いなと思います。

 

俺が世界を変えてやるぜ!っていうのが凄く伝わるんですよね、今までに無いものを作ってやるぜっていう気合いというか。

 

ただやはりAppleもしたたかだなと感じるところは無理な分野では戦わずブルーオーシャンを狙っているところですかね。

 

ウェアラブルデバイスであるApple Watchを開発した当初はまだスマートウォッチ自体主流では無かったのですが、Apple Watchが登場してからは一気に業界が盛り上がりましたよね。

 

だからどうという訳ではないですが、Appleは先を読む先見性はありますし、Appleの哲学を製品に混ぜてそれがとてもクオリティの高いものに仕上がるので、大企業と言われる所以でもありますよね。

 

ただやはりAppleは技術屋ではなく、演出屋だなと感じます。

 

広告の上手い仕掛け方と、マーケティングの巧みさ、卓越したブランディング。

 

これがAppleの正体であり、実態です。

 

そこのところの掘り下げは今回の記事ではしませんが、総評してエアプは高水準のワイヤレスイヤホンに仕上がっているが、殆どはノイズキャンセリングのおかげと言っても過言ではないでしょう。

 

まぁでもApple製品はほぼハズレがないので(Apple Watch以外)これからも買って使ってレビューしたいと思います。

まとめ

ここまでをまとめると…。

・音質を求めちゃダメ

・ノイズキャンセリングで誤魔化してる

・Appleは技術屋ではなく演出屋

以上、3つでした!

 

今日もお読み頂きありがとうございます!

 

Twitter・Instagram・Facebookのフォロー、是非ともお願い致します!